性病広辞苑では性病の種類・治療方法等を詳しく紹介しています。
女性の為のポータルサイト「性病広辞苑」でお悩み解決!

新着情報

2018/02/01

特集追加 【毛のう炎について】

会社概要


性病検索

婦人病

病院情報

用語集



性病検索

梅毒

◆ 梅毒とは?

梅毒説明
傷のある皮膚や粘膜の接触で、血液を介して感染します。
昔は不治の病とされてきましたが治療薬ペニシリンが発見され、
早期治療すれば完治すます。

梅毒説明
発熱やリンパの腫れ等、風邪と似たような症状がでますが、
大きな違いは抗生物質で治療しない限り治らないことですね。

梅毒説明
HIV(エイズ)等にも感染しやすくなるので、
梅毒に感染したら合わせてHIV(エイズ)の検査もしたほうがいいですね。

◆ 発症箇所と症状

梅毒説明
無症状の場合もありますが、

第一期梅毒(感染して約三週間後)
感染箇所にしこりや腫瘍ができる
痛みのないリンパの腫れ

第二期梅毒(感染して約三ヶ月後)
円形(ピンク色)のあざができる
赤褐色の湿疹
脱毛

第三期梅毒(感染して3年以上経過)
おおきめのしこりが出来る

第四期梅毒(末期症状)
心臓・血管・神経・目等に重い障害

◆ 感染経路

梅毒説明
傷からの血液を介して感染します。

皮膚や粘膜の小さな傷から感染するので、アナルセックスは比較的感染率が高いです。
また、口腔内に病変部分がある場合、キスでも感染します。

◆ 予防方法

梅毒説明
性器が病変部分ならコンドーム使用が有効ではありますが、確実ではありません。
小さな傷からでも感染するので定期検査をし、きちんと感染していないことを確認するのが確実だと思います。

うれせん求人