性病広辞苑では性病の種類・治療方法等を詳しく紹介しています。
女性の為のポータルサイト「性病広辞苑」でお悩み解決!

新着情報

2018/02/01

特集追加 【毛のう炎について】

会社概要


性病検索

婦人病

病院情報

用語集



特集コーナ

3月の特集前庭神経炎について

1. 前庭神経炎はこんな病気

前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)とは、
突然、強い回転性めまいと吐き気・嘔吐を生ずる疾患です。

前庭神経炎の多くは、風邪やウイルス感染などの後に発症する為、
平衡感覚をつかさどる前庭神経が、ウイルス感染や血行障害によって
障害されて発症する
と考えられていますが、明らかな原因はわかっていません。

 
めまいを生じる他の耳の疾患メニエール病が有名ですが、
メニエール病ではめまい発作に伴って難聴や耳鳴りが出現するのに比べ、
前庭神経炎では難聴、耳鳴りは生じません

じっとしていてもめまいや吐き気はなかなかよくならず、
通常数日間強いめまい、吐き気が続くのが前庭神経炎の特徴です。

2. 前庭神経炎の症状

前庭神経炎の症状は、突然、前触れもなく回転性のめまいが起こります。

症状は激しく、じっとしていても頭や体がぐるぐる回る感じがします。

また、悪心や嘔吐を伴う場合もあります。

2~3日続いた後、徐々に症状は軽くなりますが、
立ちあがった時や歩行時のふらつきは長期間続くことが多く
日常生活に支障をきたすことがあります。

ですが、耳の聞こえには全く異常がないことが特徴です。


3. 前庭神経炎の治療法

回転性のめまいが強い場合には、
安静を保つために入院して治療する必要性があります。

 
めまいを軽くする為に、一般的なめまいに使用する
炭酸水素ナトリウムの静脈内注射、悪心・嘔吐には乗り物酔いなどに使用する
抗ヒスタミン薬吐き気止めが投与されます。

前庭神経炎の治療には、
炎症を抑える副腎皮質ステロイドの投与が有効です。
 
前庭神経炎によるめまいは突然発症し、
症状が長期にわたって続く場合には、日常生活に大きな支障をきたします。

前庭神経炎の急性期の治療が終わったら、
適度な運動やバランスの良い食事規則正しい生活を心がけ、
十分な睡眠をとることが重要です。