性病広辞苑では性病の種類・治療方法等を詳しく紹介しています。
女性の為のポータルサイト「性病広辞苑」でお悩み解決!

新着情報

2018/02/01

特集追加 【毛のう炎について】

会社概要


性病検索

婦人病

病院情報

用語集



婦人病

子宮体がん

◆ 子宮体がんとは?

子宮体がん説明
子宮体がんは50歳以降の女性に多く、75%は閉経した女性に見つかっています。
しかし、近年では全年齢層で増加の傾向にあります。

子宮体がん説明
多くの子宮体がん(子宮体癌)は女性ホルモンと密接な関係にあります。
エストロゲンというホルモンの影響が過剰になると、子宮内膜が異常に分厚く増殖し発生する場合があります。

子宮体がん説明
閉経前、閉経後に関わらず、おりものに血が混じったり膿が混じって異臭がするなどの異常は一度検査を受けてください。
また、ほとんど症状が出ないこともあるため注意が必要です。

◆ 発症箇所と症状

子宮体がん説明
下腹部痛
不正性器出血
月経不順
おりもの

無症状の場合もあります。

◆ 対策

子宮体がん説明
「適切な体重を保つ」
「月経不順を放置しない」
「脂肪の多い食事を摂らない」
低用量ピルを飲む」

などです。

子宮体がん説明
低用量ピルは、元々避妊のために開発された合成ホルモン剤ですが、
子宮内膜を非常に薄く保つ働きがあるので、子宮体がんのリスクをかなり下げてくれるんですよ。

低用量ピルを10年間飲むと子宮体がんのリスクは2割程度まで低くなるというデータもあります。

特に、月経不順の人は子宮体がん予防のためにもピルで月経サイクルを整えておくことをお勧めします。

うれせん求人